もどる

Myレーティング

 

東証1部(3004)神栄 2004/03/23

日付 銘柄 掲載時株価 レーティング(5段階評価) 目標株価 期限
2004/03/23 (3004)神栄 202円 ☆☆☆☆C 270円3ヶ月以内35%↑ 2004/6/23
現在の会社予想
△2004年3月期  ・売上高 530億円  ・経常利益 11億円  ・純利益 4.5億円 (一株利益 11.4円)

△2005年3月期  ・売上高 530億円  ・経常利益 15億円  ・純利益 7.0億円 (一株利益 17.7円)
私の見解
今期予想は織り込み済み。第三四半期決算の内容から見て予想は達成するとみられます。ただし上方修正は期待薄な感じ。
ただ、来期予想も同時に発表されるので(来期一株益17.7円)、こちらに反応するでしょう。
業績面

■売上高は年々増えており好調に推移しています。本業では毎年黒字なのですが、銀行株を大量に保有しており、昨年までの
2年間は株価下落による評価損の計上により赤字が続いていました。
今期は利益率の低い繊維事業等を縮小している為、前期より売上が5億程度落ちるものの、その効果と好調な電子部門の売上増
により、大幅増益になる予定です。
中間期の業績をチェックしてみると、前期比では売上こそ2億減りましたが営業利益80%経常利益136%増で、純利益3倍の大幅増益。
収益力はかなり向上しているようです。
財務面

株主資本 
・株主資本比率13.7%(中間期末時点)
本業自体で利益を上げながら保有銀行株の含み損の為、年々減り続けていた株主資本。前期だけで7.5億の評価損計上。。
ただそれも今期は一転。底打ちし大幅上昇した銀行株によって、前期末の有価証券評価額19億が半年で27億まで回復
しています。主な保有銘柄は、三井住友706株、三菱東京854株、UFJ744株。(いずれも前期末時点)
ただ何故これほど大量に保有し続けてるのかは、いまだ謎。。。

キャッシュフロー(CF) 
・営業CF 1,873百万円 ・財務CF −1,632百万円 (いずれも前期)
今中間期の連結CFが入手出来なかったので、前期を元にしてみると、営業CFが5割アップの18.7億円。これを配当金と
借入金返済に回した様です。
財務CFは−1,632百万円で、この数字はほぼ銀行への借金返済額です。

有利子負債  
13,439百万円 (中間期末時点)
中間期内に7.5億返済してるようです。最近の推移から見ても順調に返済が進んでるようです
2001年3月期  17,547百万円
2002年3月期  15,798百万円(-1,749百万円)
2003年3月期  14,195百万円(-1,603百万円)
2003年9月期  13,439百万円( -756百万円)

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO